読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
手作りと、読書と、あれこれ・・・

10,11月の読書

今日は寒い。師走です。
これから日々、「この冬一番の寒さ」が更新されていくんだろうなぁ。
前の日の夜の天気予報で、明日の降雪について、雪だるま君の数で表してくれるんだけれど、ちょっとその基準と、我が家の近辺では違うみたいで、なかなか当てにできない。だから、無駄に早起きして「きょうはおっけー」と2度寝して、寝坊しかかった事がすでに何度か・・・。確実な予報を望みます!

しばらくぶりに読書の記録。
ため込んでました。

転迷―隠蔽捜査〈4〉

転迷―隠蔽捜査〈4〉


ご当地小説!道警のかっこいい刑事さんたちが大活躍。場所を特定しながら読みました。
先日ドラマ化された「巡査の休日」と同じ道警シリーズですが、ドラマは小説とは違う設定です。
でも第2弾が作られるとしたら、本作が良いなぁ。札幌だけじゃない事件現場があって、北海道の観光にも・・・。




店長の秘密が少しずつ明らかになってきた。



寿フォーエバー

寿フォーエバー


結婚式場に働く一人の女性の悪戦苦闘が、でも初々しいなぁ。
バブルな結婚式あり、お子様連れあり、新婦に内緒の結婚式あり・・・。
彼女が、先輩社員にいろいろ教わるのですが、それって、今の新入社員・就活生にも知っておいてほしい事だなぁと思った。
働くって大変な事。でも誰かの役に立つ大事な事。
今日から始まる、就職活動、みんな、がんばれ。無理しすぎないでね。



ソニーのリーダーで、電子書籍なるものを買ってみました。

SONY 電子書籍リーダー Pocket Edition/5型 PRS-350 S

SONY 電子書籍リーダー Pocket Edition/5型 PRS-350 S


リーダーをパソコンにつないで、電子書店で欲しい本をポチッとして、ダウンロード。あまりに簡単で、ちょっと恐ろしい感じが・・・。お金は触らないし、本という「物体」も無いので、買い物をしたという実感が持てないのだ。だから、「1冊読んじゃったから次行こう!」といった気安い気持でどんどんぽちぽちしてしまいそう。

初めて、購入したのはこの3冊。


荒野 14歳 勝ち猫、負け猫 (文春文庫)

荒野 14歳 勝ち猫、負け猫 (文春文庫)


荒野―16歳 恋しらぬ猫のふり (文春文庫)

荒野―16歳 恋しらぬ猫のふり (文春文庫)


小説家の娘、荒野の中学入学式の日からの出来事。
父親の悪癖に、ちょっと振り回されたり、大事な人と出会ったり、生き生きした荒野。