読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
手作りと、読書と、あれこれ・・・

魔法使いの弟子たち

魔法使いの弟子たち

魔法使いの弟子たち

久しぶりの井上夢人
岡嶋二人時代から、ぽちぽち読んでいます。
文章が丁寧で、イメージが作りやすいので好きです。
今回はミステリ?SF?
主人公たちが、感染症から生き残ってみればものすごい超能力が身についていた・・・。
もう超能力というより、まさに魔法。
なんとかフォー(♪ラリフォー、ラリーフォー、らりるれろ〜)よりもすごい。


でも欲しくて手に入れたわけではない能力、
あまりにも大きな犠牲の上に、自分に降ってわいた魔法の力。
戸惑いや、悲壮感、ってのは当然だと思う。
突然、普通じゃない人、になってしまったのだから。


その能力が発現されるにつれ、周り(マスコミ、世間一般)の対応が変わるのだけれど、
彼らを感染症から救い、その後のフォローをしていた医療関係者のみなさんが、
非常に冷静に、彼らを彼らそのものとして接しているのが、とっても良かった。
どんな力があろうと、どんな力がなかろうと、
その人は、その人、という力強い信念が感じられた。


えーと、何故、魔法使いではなく、魔法使いの弟子なのかな。
他に、魔法使いがいるってこと?
このあたりが、まだ読解力の不足を感じるところです。