読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
手作りと、読書と、あれこれ・・・

久しぶりの、桜井京介。

燔祭の丘 建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社ノベルス)

燔祭の丘 建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社ノベルス)

建築探偵シリーズの最終刊です。


実は、前作(黒影の館)の記憶がない

黒影の館 建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社ノベルス)

黒影の館 建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社ノベルス)

いや、正確には、読んではいるらしいのだが、内容に記憶がないのだ。
あらすじを読んでも、今ひとつぴんと来ない・・・。
おっかしいなぁ。


『燔祭の丘』では、謎めいていた、京介の過去が明らかに。
いかに京介は京介になったのか。
シリーズにちりばめられたいた謎が、すくい取られて、無事に収束。
長い作品でしたが、上下巻にしていないのは賛成。
一つの作品として、やっぱり1冊であって欲しいから。だからボリュームは、たっぷり。


4人とは、長いつきあいだったので、終わってしまうのは、さみしいなぁ。
京介、蒼、深春、もちろん神代先生も、元気でいて欲しい。
また会える日を楽しみにしています。